家族みんなが笑顔になるおうち、スマイルタウン。
  • アスティーク コーポレートサイト
 

設備と仕様
EQUIPMENT

構造・工法
ずっと安心、快適な住まい。

STRUCTURE

建物を安心で支える、基礎構造。

建物を「面」で支える、耐震性に優れた ベタ基礎を採用しています

土台となる基礎には強固なベタ基礎を採用。基礎幅は強度と耐久性に優れた150mmにすることで確かな安心と安全性をお届けします。

ベタ基礎にすると建物が地面に沈みこむ力を小さくすることができます。地盤に対して建物の荷重が均等に働きますので、不同沈下の心配もなくなります。又、ベタ基礎にすることで、カビやシロアリ発生の原因となる床下の湿気対策になります。

基礎パッキン

基礎パッキンを基礎と土台の間に敷き詰め、自然換気を行い、土台を乾燥させておくことで住まいの耐久性を保ちいままでの工法に比べ1.5~2倍の換気性能を発揮します。

基礎パッキン工法なら構造上必要な上端筋が換気口で切断されることはありません。又、鉛直荷重に対する基礎耐力は換気口工法の約2倍。基礎と土台の接触による木腐れやシロアリの発生も防止します。さらに、阪神淡路大震災のときの最大震度と同じ揺れを8回加えても、建物の滑りを起こさないことが実証されました。

床組み

床組を「3尺升組」+「又根太」構造とし、さらに厚さ24mmの合板を組み合わせる工法です。地震による建物のねじれ等に対する力に効果を発揮します。もちろん、通常の生活においても家具などの重量による床のたわみに対しても効果を発揮します。

優しさで守る、地震に強いスマイルタウンの住まいづくり。

時を経ても心から安心できる住まいをお届けしたいから、スマイルタウンは見た目や質感の良さはもちろんのこと、建物の基礎や構造といった、目には見えにくい部分にもこだわります。 住まいの本質の部分から、住み心地や安全性を見つめ直すことで、耐震性のある、家族が安心できる住まいづくりを目指します。

耐久性に優れた木造軸組パネル工法

夏に涼しく、冬暖かい。パネル内断熱工法

柱など構造材の間に断熱材を充填する内断熱工法を採用。 断熱材には、経時断熱性能に優れた、高性能硬質ウレタンフォームボードを使用しています。

健康空気をとどける24時間換気システム

住まいの高気密・高断熱化や冷暖房機器の向上に伴い、窓を閉め切って生活するというライフスタイルが一般化した今日、シックハウスといった弊害が生じることとなりました。建物全体に「健康空気」が流れる、24時間換気システムを採用しています。